2013 Sakura Medal Books

舶来屋 by 幸田 真音

2 Comments

Please add a comment below once you have finished reading this book.

Advertisements

Author: dontflop

Enjoy the ride !

2 thoughts on “舶来屋 by 幸田 真音

  1. 「舶来屋」は誰でも楽しめますが、特に経済に興味がある方が楽しめると思います。主人公の洋司とあゆむはふとしたきっかけで、海外高級ブランドを扱う茂里谷会長から彼のこれまでの人生経験について話を聞く機会を得ます。海外のエルメス・グッチなどを初めて日本に紹介し、大きなブランド事業を育てた茂里谷の活躍を通し、敗戦から世界第二位の経済大国となるまで復興発展を遂げる日本の戦後の経済社会の推移が大変興味深く描かれています。因みに茂里谷会長は実在する人物です。
    儲けるだけではなく、人との信頼、文化や芸術への深い理解を大切にする茂里谷は洋司やあゆむだけではなく、読者である私たちの心を打ちます。

  2. この話は第二次世界大戦前から今までの茂里谷の活躍を、
    主人公である茂里谷氏が自分の人生を振り返る、という様式で
    「現代の若者」を象徴するであろう洋司とあゆむへ語りかけている話である。

    なんといっても驚かされるのはその説明の仕方である。本全体の話としてのつなげ方はあまりうまくない、という印象があるが、深くリサーチされているのか特に第二次世界大戦から高度経済成長期までの間の話はとにかく描写が美しい。まるでその場にいるような臨場感を読者にもたらしてくれ、一度本を開いたらかなり楽しく読み進めることができた。
    ただ、後半に近づくにつれ、現代に近づくからか本がしりすぼみになっていく印象を受けた。最後のシーンも最初から予測出来たものであった。

    まとめると、歴史を学ぶ、という点ではとても面白い本でもあるし、茂里谷氏のモデルとなっている茂登山氏の生き方もとても興味深い。しかし、全体的なストーリーラインは微妙だったため、ただの茂谷氏の人生の振り返りでも同じぐらいの効果があるのではないかな、と思ってしまった。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s