2013 Sakura Medal Books

武士道エイティーン by 誉田 哲也

2 Comments

Please add a comment below once you have finished reading this book.

Advertisements

Author: dontflop

Enjoy the ride !

2 thoughts on “武士道エイティーン by 誉田 哲也

  1. 剣道に青春をかけた高校生達の物語。 それぞれ主な登場人物に光を当て、話を展開したスタイルが印象的でした。特に、吉野先生の過去話が興味深かったです。 爽やかで読み応えのある一冊でした。 読み終わったあとに、これが三部作の最終巻だと知りました。

  2. この本は高校生の少女たちが、剣道にかける最後の夏を語った物語である。 
    転校して新しい道場で頑張る主人公、元の学校で主人公と戦いたがる永遠のライバル、急に不審な態度を見せる後輩…と、戦いを前にしてまるで音楽のように徐々に徐々に話が盛り上がっていく。
    とにかく主人公の周りのキャラクターが個性的だと思った。個人的に中でも印象に残っているのは昔喧嘩ばかりしていた少年が剣術の講師となっているところだ。
    私はこの三部作のなかでもこれしか読んだことがないが、これだけでも十分楽しめる。がしかし、読んだ後に「残りの本も読みたいな」と思わなかったのは、いささか本が力不足、というべきではないだろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s