2013 Sakura Medal Books

戸村飯店青春100連発 by 瀬尾 まいこ

5 Comments

Please add a comment below once you have finished reading this book.

Advertisements

Author: dontflop

Enjoy the ride !

5 thoughts on “戸村飯店青春100連発 by 瀬尾 まいこ

  1. この本の主題は兄弟の絆です。この兄弟は性格が正反対で喧嘩も多いけど、本当は仲が良いのです。兄が東京へ引っ越した後、兄と弟は互いに恋しくなりました。私はこの気持ちと関連できます。私にも弟がいて、普段は喧嘩しちゃうけれど、例えばサマーキャンプで離れるとき、弟がいなくて少し寂しくなります。 この本で視点は兄と弟と交互に変わっていくのが面白いと思いました。兄からの視点を読むと兄の気持ちや思いと良く共感できました。弟からの視点を読むと、私は弟が兄に対しての尊敬を学びました。 私は兄弟がいる人にこの本を推薦します。

  2. 舞台は大阪。中華料理屋「戸村飯店」を経営する両親を持つコウスケとヘイスケはあまり言葉を交わさない兄弟です。
    地元の雰囲気にとけ込んでいる明朗闊達な弟コウスケは、高校最後の年を存分に楽しんでいます。
    一方、小説家を目指している兄のヘイスケは、大阪の空気に馴染めないせいか、東京に上京したいと希望し、専門学生として東京生活を始めました。
    これまでの心の距離のうえ、今度は物理的な距離が生じた兄弟は、果たしてこのまま離ればなれになるのでしょうか。
    この一冊から兄弟間の絆の強さを感じました。また、物語の設定が自分の日々起こりうる学校生活と似ている面が多々あり、共感することができました。
    学生生活の思い出がたっぷり詰まった一冊です。特に現役の高校生にお勧めしたい一冊です。

  3.  戸村飯店は、大阪の下町にある中国料理店。
     戸村家の高3のヘイスケと高2のコウスケ兄弟の成長物語である。顔も頭もよい長男ヘイスケは、高校卒業語、人情あふれる地元の町が苦手で東京の専門学校へ行くために家を出る。頭は良くないし、あまりもてないが誰からも愛される性格の次男コウスケは、明るい野球部員で、卒業後は残された家を次ぐのは自分しかないと決意している。
     東京へ出たヘイスケは、カフェでバイトをしながら新生活を始め、ガールフレンドもできる。一方、コウスケは、高校生活を充実させようと合唱際の指揮者に立候補したりする。一人で自立を決めた兄、流されるままの弟。しかし、終盤、それが代役店するのが面白い。実はモラトリアムの兄、そして、自分の生き方を探す弟。まさに、10代の青春百連発である。
     兄弟を持つ人たちには、この本にとても親近感を持つと思う。兄、弟、それぞれの視点から書かれているため、頷くところや新発見をするところもあるでしょう。又、この本は自分の兄弟関係や親子関係を見直すきっかけになるかもしれません。また、同じ高校生として、自分の将来について模索する兄弟に共感できると思う。
     戸村飯店は、大阪の下町にある中国料理店。
     戸村家の高3のヘイスケと高2のコウスケ兄弟の成長物語である。顔も頭もよい長男ヘイスケは、高校卒業語、人情あふれる地元の町が苦手で東京の専門学校へ行くために家を出る。頭は良くないし、あまりもてないが誰からも愛される性格の次男コウスケは、明るい野球部員で、卒業後は残された家を次ぐのは自分しかないと決意している。
     東京へ出たヘイスケは、カフェでバイトをしながら新生活を始め、ガールフレンドもできる。一方、コウスケは、高校生活を充実させようと合唱際の指揮者に立候補したりする。一人で自立を決めた兄、流されるままの弟。しかし、終盤、それが代役店するのが面白い。実はモラトリアムの兄、そして、自分の生き方を探す弟。まさに、10代の青春百連発である。
     兄弟を持つ人たちには、この本にとても親近感を持つと思う。兄、弟、それぞれの視点から書かれているため、頷くところや新発見をするところもあるでしょう。又、この本は自分の兄弟関係や親子関係を見直すきっかけになるかもしれません。また、同じ高校生として、自分の将来について模索する兄弟に共感できると思う。

  4.  戸村飯店は、大阪の下町にある中国料理店。
     戸村家の高3のヘイスケと高2のコウスケ兄弟の成長物語である。顔も頭もよい長男ヘイスケは、高校卒業語、人情あふれる地元の町が苦手で東京の専門学校へ行くために家を出る。頭は良くないし、あまりもてないが誰からも愛される性格の次男コウスケは、明るい野球部員で、卒業後は残された家を次ぐのは自分しかないと決意している。
     東京へ出たヘイスケは、カフェでバイトをしながら新生活を始め、ガールフレンドもできる。一方、コウスケは、高校生活を充実させようと合唱際の指揮者に立候補したりする。一人で自立を決めた兄、流されるままの弟。しかし、終盤、それが代役店するのが面白い。実はモラトリアムの兄、そして、自分の生き方を探す弟。まさに、10代の青春百連発である。
     兄弟を持つ人たちには、この本にとても親近感を持つと思う。兄、弟、それぞれの視点から書かれているため、頷くところや新発見をするところもあるでしょう。又、この本は自分の兄弟関係や親子関係を見直すきっかけになるかもしれません。また、同じ高校生として、自分の将来について模索する兄弟に共感できると思う。

  5. この話は、ほかのレビューにも書いてある通り青春と、兄弟の絆を描いた物語である。「離れたときに感じる家族の絆」という点では、クラスで読んだ向田邦子の「字のないはがき」にも似通ったものを感じる。しかし、本のほぼすべてが関西弁を通して語られていることが、本全体に独特のリズムを生み出し、実際に「読んでいてページをめくる手がとまらない」という状況に陥る。本来ならばあまり人々が「青春」しているものが好きではない、ベタな話はあまり好きではない、という人々でも、関西弁で語られる本文を読んでいるうちに、主人公の二人と一緒に一喜一憂できる。関西弁で語られることによって、10倍も、100倍も楽しくなっている本だと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s